日々の事

師走に思う

12月です。早いものです。
毎年、この時期になると
『今年も、どうもぼんやり過ごしたみたい』とちょっとした反省を感じてしまいます。
このモヤモヤとした気持ちはとっとと消化して来る年に向けて頑張らねば。

今は、お預かりのストールのお直しをさせてもらっています。
とても大切なもので、あれこれと考えては練り直したりと
お時間をいただいています。受け取った時に、うわーっと喜んでもらえるように。
それだけ思って、ちくちくと針を動かしています。

下の植物は、いつもの図書館通いの途中に見つけて持ち帰ったもの。
多肉植物の一つだと思うのだけど。
何やら、ぐんぐんと伸びてきて、いつのまにか白い小さな花までたっくさん付けて。
この逞しさといい、のほほんとしたユニークさといい、かなり好きです。
時間が出来たら、藍染バッグにニョキニョキとしたこのこを刺繍しようと思ってます。

2018-12-03 | Posted in 日々の事No Comments » 

 

ボンボンダリア

あれよあれよという間に、10月になっていた。
暑い夏がまだまだ続けばいいのに、もう秋になっていた。
この時期は、何気に心淋しくなるからあまり好きになれない。

もう少し経てば、そういった心持ちにも徐々に慣れて、澄み切った秋の空や
単純に食べ物の美味しさに満足して秋の素晴らしき恵みに感謝でいっぱいになるのだけれど。

さて、私のここ最近と言いますと、
前よりご依頼をいただていたものも少しずつ仕上がって、ようやくご依頼主の元へと届けられています。
まだお届け出来ずにいる皆さんへ、お待たせして申し訳ないです。
気長に待っていただき本当にありがとうございます。もうしばらくのお時間をお願いします。

ちょっと前にお渡し出来たものをご紹介します。

以前、お世話になった方へのお礼にと「文旦のたねブローチ』のご依頼いただたM氏から
再びご依頼をいただきました。

今回もお礼としてのたねブローチ。
まずは、相手の方のお話を聞いてから。今回は、お茶の先生でした。。
小学生の頃、副級長さんだった先生は
その印として『エンジ色に白がちょいちょいと混じった毛糸のボンボンの胸章』をつけていたそうです。
多分、誇らしい気持ちで付けていたことでしょう。
大人になった先生が「ボンボン』を思い出せるようなブローチを付けるとしたら‥
だとしたら、ボンボンのような花、ダリアがいい。
毛糸ではないけれど素朴な感じになるように刺繍糸で編んでみる。
そうして、このような『ボンボンダリア』となりました。

ちなみにM氏、近日中に本を出版されます。
その中には、『たねブローチ』を贈られた方のお話もあるそうです。
『陽光』松嶋 圭(著)
2018/10/15発売 梓書院
プラダ主催の国際文学賞『プラダ・フェルトリネッリ賞』を日本人で初受賞した松嶋圭、待望のデビュー作。
島の空気、人の儚さ、愛おしさ、力強さが感じられる、壱岐島を舞台にした16の短編を収録。
(出版社からのコメントより)

2018-10-06 | Posted in たねブローチ, 日々の事No Comments » 

 

枇杷の木

8月です。
毎日暑いこと、暑いこと。
この暑さに人だけではなく、草木もへこたれています。

うちの枇杷の木。
花瓶にさしても、この暑さに負けずしゃきっとしています。
肉厚で濃い緑の枇杷の葉は、生命力に溢れています。
こういう力強い植物には、私、どうしても惹かれます。

こちら、くしゅバッグ。枇杷の木。サイズ約25x30cm
力強さを出そうとしたら、飛び出し具合も増しました。

2018-08-02 | Posted in くしゅバッグ, 日々の事No Comments » 

 

くしゅバッグ ワイルドフラワー

暑中お見舞い申し上げます
この暑さに夏好きの私もうちの畑の植物もへこたれ気味です。

でも、様々な自然環境にも適応し自生する植物もありまして、
それらは『ワイルドフラワー』と呼ばれています。
特に独特な進化を遂げたオーストラリア大陸の西オーストラリア州は、
『ワイルドフラワーの州』と呼ばれるくらい多種多様な花や樹木が生育し
その種類は、約1万2000種!!そのうち8割が固有種だそう。

くしゅバッグ サイズ約25x30cm 
バンクシア、グレビリア、ユーカリ、シルバーブルニア、エリンジウム

少しばかり詳しくなったのも、『ワイルドフラワー』のお題でくしゅバッグのご依頼を受けたからなんです。
スミレ、タンポポといった野草中心に刺繍することが多くて、ワイルドフラワーは今回が初挑戦!!
中でも『バンクシア』のユニークな形には、心踊って刺すのがすごく楽しかったです。
どの植物も、ワイルドに、ぐーんと飛び出しています。
これを機会に、もっと多種多様な植物をどんどん刺繍していこうと思っています。
ご希望がありましたらどうぞお知らせください。

2018-07-21 | Posted in Gallery, くしゅバッグ, 日々の事No Comments » 

 

ドラゴンフルーツ

今日は、梅雨の晴れ間で、すこぶる良い天気です。
気温も上昇気味で暑ーい夏も近くなってきました。
嬉しい限りです。

先日、見つけてつい買ってしまった!ものがこちら。

『ドラゴンフルーツ』
そう美味しい果物でもないのに、この形と色合いにグッときてしまいレジに並んでいました。
このピンクとグリーンのメキシコ色の組み合わせ、心臓を思わせる個性的な形。
たまりません。刺繍したい、したい!したい!
でも手の遅い私が完成させる頃、このギラギラした鮮度は損なわれてしまう。
悩ましい。兎に角、写真、写真と納めたわけです。

追伸 この後、ドラゴンフルーツはお腹の中に納めました。まさに南国の味。ちなみに未だに刺繍になっていません。お恥ずかしい。

2018-06-22 | Posted in 日々の事No Comments » 

 

商売道具

5月です。
連休中は、畑仕事に明け暮れていました。
おかげで、草ボーボー状態だった畑もなんとか種をまき、苗ものを植え付けられました。

うちは、薬草(ハーブ類)が中心だから『自然農』なのですが、忙しさにかまけて
ほったらかしで、その結果、荒地になりすぎちゃって、植え付けまでの下準備が大変でした。
なかなかいい汗をかいてかなり爽快でした。‥が、翌日はしっかり筋肉痛!

これは、私の商売道具の大事なもの『縫い針』です。
『飛び出す刺繍』と云われているだけあって?かなり糸を縫い重ねていくので
使っているうちにどれも弧を描くように針が曲がっていきます。
針には、ほんと重労働をさせて申し訳ない!!限りです。

2018-05-13 | Posted in 日々の事No Comments » 

 

桜の塩漬け

ソメイヨシノのから八重桜へと季節は変わって
今では、すっかり新緑の頃となりました。

桜といえば、以前からずっと気になっていたことがあって
今年は、ようやくそれが実行できました。
それというのも『桜の塩漬け』を自分で作ること。
(桜茶や桜を上に飾ったあんぱんでおなじみです)
「きっと難しいに違いない!」と思ってて、なかなか作れずに
いたのですが、これが、案外簡単に出来るということを知って、
「いざ!挑戦!」とまあ、作ってみました。

まずは、八重桜を採取!!綺麗ですねー。

ビニール袋に桜と塩を入れモミモミして一晩置きます。

一晩置いてから天日干しします。

乾いたら出来上がり。梅酢に漬けると鮮やかな桜色になるそうです。

そして、『桜と青豆のちらし寿司』になりました。なんだか春ですね。
今年は、花の終わり頃に試したので、来年は、早くから作りたいなあと
思っています。

2018-04-26 | Posted in 日々の事No Comments » 

 

タンポポの頃

4月です。
今年は、桜の開花が早く、今はもう葉桜です。
ずっとお天気もよかったので、桜をことの他楽しめました。
若い頃は、梅のキリッとした清らかさの方が好きで
桜の華やかさがちょっと苦手でした。
でも、今では桜の美しさが沁みてくるようになりました。
桜は、やはり特別なもののように思えます。

繕い刺繍。素敵な藍のワンピースの袖口の折り返しの破れた部分にタンポポの綿毛を刺繍しました。

袖口の表には黄色のタンポポが咲いています。

2018-04-07 | Posted in つくろい刺繍, 日々の事No Comments » 

 

ここは?ガレットに想う。

三寒四温。とはいえ随分と暖かくなってきました。
昨日は、高知県でソメイヨシノの開花のお知らせがありましたし
今日は、ご近所の道路沿いで土筆も見つけました。
うーんと春になってきました。

散歩がてら近くのコンビニに立ち寄ったら、こんなものを
見つけました。

フランスのモンサンミッシェルのラベンダー入りガレットクッキー。
何故?こんな所に?
なんのことはなく輸入品だったのですが、行ったこともない
あの世界遺産の地をしばし妄想してしまいました。
このガレット、この地を訪れたことのある友人へプレゼントしたら、
なかなか受けました。

2018-03-16 | Posted in 日々の事No Comments » 

 

これは、nuimoriワイン?

2月も残すとこあと数日。
『逃げるように!』とは、よく云ったもので、2月はあっという間に
過ぎていくように感じます。

日の入りも段々遅くなり、昼間が長くなっているように
感じて『ああ、今日もよく働いた。』とやけに思えて、
ここのところ『夕飯時のちょっと一杯!!』が、
楽しみになってきました。
(とはいえ、あまり飲める人ではありません。)
いつもは、夫の晩酌のお供で『ちょっと日本酒!』が多いのですが、
昨日は、ワインをいただきました。
こちらのワイン、お味もなかなかでしたが、
植物いっぱいのラベルが可愛らしいのです。

イタリアの白ワイン。vegan organic(有機農産物加工酒類、果実酒)
タンポポ、ケシ、紫色の花は、なんだろう?
『nuimori刺繍のワイン版みたい!』と勝手に思ってしまい、
これ、『ご挨拶のお土産用』にしちゃおうかと思いましたが、
果たして、また手軽に手に入るかが問題ですね。

2018-02-25 | Posted in 日々の事No Comments » 

 

1 2 3 4 5 7