なんたる植物

藍染バッグにひたすら運針し、その上からがしがし刺繍する。

絵描きのアジサカコウジのにいさんの「花のシリーズ」にいたく衝撃をうけ本人の了解のもと刺繍にさせてもらった。

アジサカコウジワールドは、花にしても怪しく美しく存在感も半端ない。

何度も重ねた刺繍糸。そうしてそのものの存在感が増してくる。